光脱毛とほくろの関係

光脱毛をする際、ほくろの有無を確認されます。これには訳があるのです。
黒い色に反応する光を脱毛したい箇所に照射することで、毛母細胞にダメージを与えるのが光脱毛の仕組みです。

毛母細胞は熱でダメージを与え破壊されるのですが、それは黒い色だから。

つまりムダ毛以外でも照射部位に黒い色があれば、同じように熱によるダメージを与えることになるのです。

ここでほくろについて考えてみましょう。

これはいわばメラニンの塊です。

そのできた原因は何であれ、結果的にメラニンの塊、つまり黒い色をしているので照射をするとその黒色に反応して熱ダメージを与えてしまいます。
つまりやけどの恐れがあるのです。

そこでサロンではほくろがあるとその部分を保護テープで覆っての照射が基本になります。

どうしてもその部分の毛も処理したいとなると、光脱毛では無理なので、電気と針を使った電気脱毛という選択肢があります。
この施術を受けられるサロンは限られてきますが、探せばあります。

こちらは毛穴に細い針を通して電気を流してムダ毛を1本ずつ処理する方法なので色の黒い部分でも問題なく処理できます。

ただ、1本ごとの処理なので時間と労力、それに多額な費用がかかりますし、施術者の技量によっては激しい痛みを伴うこともあります。


おすすめが光と電気の併用です。

全体は光で処理をして、光では処理できない部分のみを電気で処理する方法です。


これなら全身くまなくきれいにできます。